シミトリー そばかす

シミトリーは、シミ対策のオールインワンジェルです。

保湿・美白・マッサージもできるホワイトニングリフトケアジェルと話題です。

そんなシミトリーですがそばかすに対しての効果は期待できるのでしょうか?

そこで、そばかすの原因と対策、シミトリーがそばかすにどのようにアピールしてくれるのか調べてみました。

何でそばかすはできてしまうの?

シミトリー そばかす

遺伝的な要因で発生した細かい茶色の斑点が「そばかす」です。

白人に多く見られ、日本人では色白の人にできやすい傾向があります。

メラニン色素の生成・沈着によってシミ、そばかすができてしまいます。

メラニン色素は、普通は表皮の最下層で作られて、表皮細胞へと上がっていき

肌の新陳代謝(ターンオーバー)によってはがれ落ちていきます。

しかし、紫外線などのダメージを過剰に受けるとメラニンが多く生成されてしまいます。

結果、過剰にできてしまったメラニンが排出できずに沈着しシミそばかすの原因になってしまいます。

遺伝的な原因でできてしまった細かい茶色の斑点が「そばかす」です。

色白の人にできやすい傾向があります。

そばかすの対策と予防

残念ながらそばかすは、遺伝的な原因が多いため完全に防ぐことは難しいのですが、

紫外線で濃くなりやすいので紫外線対策が有効です。

日傘や日焼け止めクリームなどのUVケアが大切になってきます。

そばかす対策

日々の生活の中やお手入れでそばかす対策ができます。

  • ① 紫外線対策

どのタイプのシミ・そばかすも紫外線を浴びてしまうと悪化してしまいます。

日傘や帽子、UVケアクリームなどで肌を紫外線から守ることが必要です。

  • ② ターンオーバーの促進

お肌の入れ替わり(ターンオーバー)を良くすることで、シミの原因のメラニンを生成・沈着しにくくできます。

化粧残り、お肌の汚れや古い角質をしっかりクレンジングや洗顔で取り除いて清潔にします。

また、洗顔後の保湿やお手入れをしっかりしてお肌に潤いを保ちましょう。

お風呂上がりのマッサージなどで血行を促して毎日のお手入れをしっかりすることが重要です。

そばかすを増やさないために

シミトリー ニキビ

毎日のケアでそばかすをキレイにするためにできることがあります。

外側からのお肌のお手入れの時の注意点から、内側からのケアまでまとめてみました。

外からのケア

  1. 洗顔後、しっかりと保湿する
  2. マッサージクリームを使い、過剰な摩擦を防いでマッサージで血行促進
  3. 洗顔、クレンジングで清潔にし、古い角質を取り除く
  4. UVカットクリームやローション
  5. 紫外線カットの日傘・洋服・帽子
    内からのケア

    1. バランスの良い食事を3食しっかり食べる
    2. 十分な睡眠をとる
    3. ストレス発散をする

      シミトリーを使ってケアできること

      シミトリー そばかす

      そばかす予防成分

      • ハイドロキノン誘導体(アルブチン) ➡ メラニンの生成を抑える・美白効果
      • フラバンジェノール ➡ メラニンの生成を抑える・抗酸化作用・保湿作用

       

        ・ハイドロキノン誘導体(アルブチン)

        医療機関でも使用されている成分で、過去に出来てしまったシミ・そばかす・色素沈着などをケアする、優れた修復美白の働きがあります。

        それは薬事的にみても、ハイドロキノン誘導体は、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果がある「美肌有効成分」であることを示すものです。

        メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制します。

        シミ・そばかすを防ぐ効果が期待されています。

        紫外線を浴びてしまった後でも、メラニンが黒くなる前であれば、美白効果があると言われています。

        ・フラバンジェノール

        また、有効成分のもう1つである「フラバンジェノール」もメラニンの生成をおさえるのと、高い抗酸化作用があります。

        お肌の生まれ変わりによってメラニンを押し出して、シミやそばかすをキレイにする効果に期待がもてます。

        「抗酸化作用」によって肌の弾力を保ってくれて、シミの発生をおさえてくれます。

        シミトリーを使ってマッサージもすることで血行促進し、老廃物を排出してお肌をキレイにしましょう。

        矢印

        シミトリーの口コミとレビュー